遺品整理で買取してもらうコツとは?

遺品整理業者選びで失敗しないコツをお伝えします。
マカロン
ナポレオン
HOME => 天に召された方の品物を整理する事を遺品整

天に召された方の品物を整理する事を遺品整

天に召された方の品物を整理する事を遺品整理と言いますよね。

これは遺族の役目とも言えます。

整理をしなければずっと物が残ったままですし万が一、故人宅を処分。

となった場合、そのままという訳にはいきません。

家族だけでやろうと思えば出来ますが専門業者に買取を依頼するのが一番手っ取り早いです。

高額な値段が付く遺品が眠っているかもしれません。

買取品の合計は遺族の物になるのでその額で業者依頼の料金を支払ったという方もいます亡くなった方の遺品を整理する事は残されたご家族の大事な役目とも言えますよね。

しかしながら、初めての場合どうやって処分するのか解らない方がほとんどだと思います。

その様な場合、買取業者や処分業者に頼るのがおすすめです。

親族だけで片づける事も不可能ではないですが家1軒となるとかなり時間もかかるのでプロに任せるのが良いでしょう。

もしかすると、故人の所有物で高額な値段が付く物があるかもしれません。

プロだとそれもちゃんと見てくれるので、こちらも安心だと思います。

亡くなった方の物を処分する事は遺族にとってはつらいですが大事な役割です。

いつまでも置いておきたい気持ちもわかりますが、現実的にはそうはいかず万が一、家を処分となった場合は猶更の事です。

遺品整理をする時は、自分達でもできなくはないですが出来るだけ専門業者に任せた方が良いでしょう。

料金はいくらくらいになるのか?心配な部分もあると思いますので、調べてみた所どのぐらいの部屋数によっても違ってきますが、安くても数万円単位〜です。

決して安い値段ではないので、業者選びは慎重にしたいですね。

ご家族の誰かが亡くなった場合残されたお身内には、故人の遺品整理をする。

という事が待っています。

これは誰もが通る道で、だいたい四十九日過ぎが良いようです。

家族だけで片付けられない事もないですが一軒家の場合は、荷物も多いので非常に大変です。

その様な場合は、プロに任せると良いでしょう。

ご家族から見ると、あまり高価なものではないように見えるものもプロの目からみるとお宝だったりして意外な利益が出る事もあるようです。

業者への支払に充てる事もできるので良いですよね。

自分の部屋を片付けようと思った時やる気が必要ですよね。

それが遺品整理ともなると、猶更の事だと思います。

部屋1部屋だけで良い。

という訳ではなく、家丸ごと一軒・・といった風になるからです。

効率よく片付けるコツは焦って色んな所に手を付けるのではなく今日やるのはこの部屋、次来た時はこの部屋といった具合に片付ける場所を決めてからやり出すと効率が良いです。

どこもかしこも手をだすと、二度手間になる事もあるので良い方法だと思います。

賃貸でも同じようにすると良いです。

生前の品々を片している時どこかの神社のお札やお守りなどが出てくることもあるかと思います。

そうした物は、一般ごみでは捨てずらいですよね。

困った時は、遺品整理を専門とする業者があるので、そこに依頼をしてください。

一般ごみ・大型ごみの処分はもちろんの事、そういた物は供養やお炊き上げをし、きちんと処分してくれる所も多いです。

まだ使えそうな大型ごみに関しては買いとってくれる事もあります。

相談は無料で出来ますので是非電話をしてみてください。

昨今は情報が取りやすいので、個人情報流出もしやすいですよね。

特にSNSなどに載せた写真から今いる場所が解って、ストーカー被害に・・といった事も良く言われていますよね。

この様に、便利な世の中だからこそ自分の情報はしっかりと守る必要があります。

これは遺品整理でも同じ事が言えます。

亡くなった方とは言え、住所や名前が書かれた物が出てくるからです。

何も考えずに捨ててしまうと危険なので紙類ならきちんとシュレッダーにかけましょう。

もし、処分するのが心配な書類は弁護士に相談すると良いです。

一人で静かに暮らしているご老人が多い昨今孤独死という悲しい事も多く起きています。

そういった方達は、天涯孤独という方は非常に少なく親戚もしくは兄弟が見つかる事も多いようです。

いつでもどこでも誰かしらと繋がれる世にはなりましたが家族の繋がりはどうなのか?と考えさせられました。

誰かが亡くなれば、遺品整理が待っています。

結局は、家族・親戚と連絡が取れず大家さんが専門業者に頼み、片づけをする事が多いようです。

世の中の暗い部分を見た気がします。

故人がなくなると、ご家族には遺品整理がまっています。

しかし、悲しみがまだ残るうちは無理ですよね。

どの時期が整理に適しているのか?調べましたところ、魂が成仏すると言われる四十九日過ぎが好ましいようです。

が、これは故人宅が持ち家だった場合の事で故人宅が賃貸だったケースの場合大家さんに明け渡さなくてはいけないので、もう少し急ぐ必要があります。

荷物の置き場所に困ったら、ひとまずトランクルームを借りるなど考えながら動かれるご遺族もいらっしゃいます。

どの場合にせよ、プロに依頼するとスムーズです。

残された祖母の家を訪れ日常に使っていたものや洋服などを片付けていると深い悲しみに包まる事がしばしばありました。

遺品整理は四十九日以降にするのが良いと聞いたことがあるのでやってみたは良いものの、やはり気持ち的にまだついていけない部分があります。

ですが、悲しい事ばかりではなく箪笥の奥には私が小さかった頃の写真や祖母にプレゼントした数々の品物も目にする事ができ何年も大事にしてくれていた事を知り祖母が今までどんなに皆を大事に思っていたか。

良く理解出来たきっかけになりました。

先週の事です。

休みの日に家族でテレビを見ていた時の事番組で遺品整理について話合っているものがありました。

最近の整理方法は、親族だけでなく専門業者に頼んで片付ける方が沢山いらっしゃるようです。

頼む理由の中には「勝手に処分すると祟られそうだから」といって、まるで怖い話の様に語る人もいました。

うちの場合は、祖父母はもう天に召されていて整理の経験もありますが身内で祟りなんて思った事もありませんでしたので少し驚きました。

逆に、進めていくうちに色々な思い出がよみがえり、すごく貴重な時間だったと思います。

生前の故人宅を片付ける時ご家族はとても大変な思いをします。

アパートならともかく持ち家ともなると家そのものを遺品整理する必要があります。

賃貸でも、大家さんや入居者の手前、のんびりはしていられません。

心労が重なる中ご遺族の方はその様な事も考えなくはいけないのでいつまでも悲しみの中に居る訳にはいきません。

しかし、整理を通じて家族の思い出に浸る事ができれば故人も安心して家族の元を離れる事が出来ると思います。

先日、家族皆で祖父の荷物を片付けていたらやる気に満ちた若かりし会社勤め時代のおそらく社員旅行であろうと思われる写真が見つかり家族皆で若い祖父の思いでを共感しました。

祖父は普段あまり笑顔を見せないような性格の人でしたがその写真ではとても良い笑顔だったので思わず皆笑ってしまいました。

それまでは遺品整理に良い印象はなかったのですが写真を見つけた事により、今までと違った印象を持つようになりました。

整理をする。

という事は、家族の大事な思い出を蘇らせる事になりますね。

天に召された家族がいると遺族には遺品整理という大仕事が待っています。

整理を始める時期としては、四十九日過ぎが適切な様です。

が、これは自宅が一軒家の時でもし、賃貸だった場合は、もう少し早く引き払う必要があります。

家族だけでやろうとする事も可能ですが早く済ませたい場合は、遺品整理の専門業者に頼ると良いでしょう。

ワンルームタイプでしたらそんなに高額な値段ではありません。

荷物が思った以上にあるならトランクルームをレンタルする方法もあります。

パートナーが亡くなって、四十九日を過ぎた頃残されたご遺族の方々には遺品整理が待っています。

悲しみの中、整理したくない気持ちもあるかと思いますが永遠にそのまま残しておく。

という事も出来ないでしょう。

万が一、賃貸住宅にお住まいだった場合は、そうも言っていられません。

ご家族だけでも整理は可能ですが専門業者に頼むとよりスムーズです。

時間短縮だけでなく、思わぬお宝が出てくるかもしれません。

評判が良い所にお願いしたいと思ったら口コミサイトなどを参考にされてください。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 遺品整理で買取してもらうコツとは? All Rights Reserved.