遺品整理で買取してもらうコツとは?

遺品整理業者選びで失敗しないコツをお伝えします。
マカロン
ナポレオン
HOME => 私の家族と従妹の家々が先日祖母の家に集まり今後の

私の家族と従妹の家々が先日祖母の家に集まり今後の

私の家族と従妹の家々が先日祖母の家に集まり今後の事について話合う機会がありました。

祖母が亡くなり、四十九日も無事に過ぎたのでそろそろ権利や遺品整理の事について話を詰めていかなければならなかったからです。

こんなに親戚が集まるのは法要以来でしたが話し合いがかなりシビアな内容だったので少しシビアな雰囲気でした。

また、よく遺産を巡ってのトラブル話を耳にするのでかなりナーバスになっていましたが、その心配はなく皆が冷静に、祖母の事を思いやりながら話し合いができたので良かったです。

仏教の世界では、四十九日を過ぎると魂が天にあげられると言われています。

遺族の方々にとってもひと段落する時期だと思います。

その後は遺品整理が残っていますね。

故人の物を片付けるのは何となく悲しい気持ちもありますが思い出がいっぱい詰まった品もあるでしょうから残された方々にも良い思い出になると思います。

ワクワクしながらやる事ではありませんが残されたご家族と故人の思い出巡りと考えると楽しい事や大変だったことなどの記憶がよみがえり、良い思い出話になるのではないでしょうか。

整理をしていくうちにアルバムが見つかり、思い出が走馬灯に様に蘇る事もあるでしょう。

亡くなった方の遺品を整理する事は残されたご家族の大事な役目とも言えますよね。

とはいえ、この様な状況が初めてのケースではどうすれば良いの?と迷ってしまいますよね。

そんな時は、買取専門業者・処分業者に頼るのがおすすめです。

親族だけで片づける事も不可能ではないですが家まるまる1軒となるとかなり大変になるので専門業者に任せた方が早く片付きます。

もしかすると、お宝が眠っているかもしれません。

プロだとそれもちゃんと見てくれるので、こちらも安心だと思います。

昨今は情報が取りやすいので、個人情報流出もしやすいですよね。

自分がやっているSNSに写真を載せたら今自分がいる場所が解ってしまう。

といった怖い話も聞きます。

そんな思いをしないように、自分自身でしっかりする必要があります。

遺品整理をする際も同じような事が言えます。

故人の経歴や住所・名前などが書かれた書類が沢山出てくるからです。

それらの物も個人情報流出になりかねないのでシュレッダーなどを活用し、確実に処分しましょう。

契約書や権利書などの場合は弁護士に相談すると良いです。

これだけは絶対に捨てられない!といった大事な物はありますか?私の場合は愛犬の写真類は捨てたくありません。

が、私がこの世から去った場合夫や子供は、遺品整理を始めないといけません。

大事にとっておいたものを捨てられてしまうのは少し残念ではありますが、とっておいても・・なので仕方ありません。

が、処分するだけでなく、他の方に使ってもらえるような事があればこちらもとても嬉しいですよね。

処分したいけどちょっと・・という品は買取業者がおすすめです。

もしものことがあった時は、依頼するようにお願いしておくと安心です。

家を片付けよう!と思ったとき気合を入れて頑張ろうとしますよね。

もしそれが遺品整理だった場合、もっとやる気が必要です。

家をまるまる片付けなくてはいけないからです。

効率よく片付けるコツは焦って色んな所に手を付けるのではなく今日はここ。

明日はここ。

といった様に始めに片付ける区域を決めて取りかかるのが良いそうです。

確かに、どこもかしこも・・となるとパニックですよね。

賃貸でも同じようにすると良いです。

故人が生活していた場所を片付ける時ご家族はとても大変な思いをします。

なぜかと言いますと、賃貸ではなく一軒家の場合家そのものを遺品整理する必要があります。

賃貸でも、大家さんや入居者の手前、のんびりはしていられません。

心労が重なる中ご遺族の方はその様な事も考えなくはいけないので悲しみに浸っている暇もありません。

とはいえ、整理中に思い出のある品を見つける事ができ懐かしめれば故人も安心して家族の元を離れる事が出来ると思います。

亡くなった家族が以前使用していたものを処分する事は遺族にとってはつらいですが大事な役割です。

ずっとそのままという訳にもなかなかいかず家1軒を売る事になった時は、目を背けてばかりはいられません。

遺品整理は家族のみでもできますが出来るだけ専門業者に任せた方が良いでしょう。

料金はいくらくらいになるのかしら?と心配な部分もあると思いますので、調べてみた所どのぐらいの部屋数によっても違ってきますが、安くても数万円単位〜です。

安いわけではないので、信頼できる業者を選びましょう。

先日、母と一緒に祖母の箪笥を片付けていたら昔よく着ていた着物が数点出てきました。

祖母はずいぶん前に亡くなっているので処分するしか方法はない・・と思っていましたが知人から着物を買い取ってくれる店舗があると聞きすぐに問い合わせてみました。

遺品整理の際に見つけた物。

という事を伝えると亡くなった方の物でも綺麗な物なら買取ます。

との事でしたので鑑定をしてもらえる事になりました。

大切に着ていたものですからあまり処分という事はしたくなかったので嬉しかったです。

残された祖母の家を訪れ洋服や食器などを片付けていると悲しい感情が再発することがしばしばありました。

悲しみが癒える四十九日以降に遺品整理をするのが良い。

と聞いたのを思い出しやってみたは良いものの、やはり気持ち的にまだついていけない部分があります。

ですが、悲しい事ばかりではなく大事な持ち物の中には私や家族の写真や祖母に贈った贈り物がなどが出てきて今まで大切に取っておいてくれた事を知り祖母が今までどんなに皆を大事に思っていたか。

良く理解出来たきっかけになりました。

先月の話になります。

家族皆で祖父の荷物を片付けていた時の事20代後半から会社に務めていたサラリーマン時代の社員旅行らしき写真がいくつか見つかり祖父が楽しそうにしているのを家族皆で共有しました。

祖父は昔から堅気な性格の人でしたが写真の顔は非常に笑顔だったので思わずこちらもつられてしまいました。

遺品整理は悲しい物と感じていましたが写真を見つけた事により、今までと違った印象を持つようになりました。

整理する事で大事な思い出を守る事ができます。

祖父の家で皆で遺品整理をしていた時思い出の品と共に、サインが入った契約書見つかったのです。

祖父は仕事熱心な人でしたのでいくつかの事業に関わっていました。

内容を見ましたが、さっぱりわからず弁護士さんに相談し、手続きはどうすれば良いのか相談しました。

まず、その契約書が有効かどうか調べて頂き必要な手続きの支持をもらいました。

自分達では良く解らず、どうする事も出来なかったのでやっぱり専門職の方の支持が聞けて良かったです。

大切な人がこの世を去った時家族の悲しみは相当なものですよね。

しかし、残された者たちには、遺品整理が待っています。

この事は、多くの人が通る道ではないでしょうか。

身内だけで整理も可能ですが大型の家具や家1軒分となるとなかなか難しいでしょう。

そんな時は、買取専門店などに任せてみましょう。

故人の遺品を鑑定し、買い取ってくれたり、整理を手伝ってくれるので残されたご家族のサポートができます。

早期対応も可能ですので急いで処分したい時でも安心ですね。

大切なご家族が亡くなると遺品整理をしなくてはいけません。

整理は残されたご家族でやろうと思えば出来ますが故人宅が一軒家だったり大きな家具などがある場合は非常に大変です。

なので、買取業者や処分業者に頼むと良いと思います。

処分対象の物だけでなく売れるものも沢山残っている可能性もあります。

そうした物の鑑定もしてくれるので思わぬ収入がでた!といった事も0ではありません。

その利益で料金の支払いをした。

という方もいらっしゃいます。

携帯電話の普及率は凄まじいものです。

どこにいても繋がれるのは便利ですよね。

しかし、自分のではなく、故人の遺品整理をしている時に見つけた場合どう対処すれば良いのか?解りませんよね。

その時は、始めに解約の手続きを済ませましょう。

契約している電話会社を調べ、問い合わせをしてみましょう。

解約済みになったら、本体は売る事が可能です。

買取店舗で鑑定をして貰うと値段わかります。

もしも、買取は個人情報が心配なので気が引ける・・という事であれば処分する事ももちろん出来ます。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 遺品整理で買取してもらうコツとは? All Rights Reserved.