遺品整理で買取してもらうコツとは?

遺品整理業者選びで失敗しないコツをお伝えします。
マカロン
ナポレオン
HOME => 大事な家族が天に召された後、遺族には遺品整理が残っ

大事な家族が天に召された後、遺族には遺品整理が残っ

大事な家族が天に召された後、遺族には遺品整理が残っています。

しかし、悲しみがまだ残るうちは無理ですよね。

では、どのぐらいから始めるのが適切なのか?調査した所、気持ちの整理がつく、四十九日ごろが良いようです。

とはいえ、これは持ち家だった場合の事で賃貸だった場合次の入居者の事も考え、急ぐ必要があります。

荷物をどこに置くか迷ったら、いったんトランクルームに入れるなど考えながら動かれるご遺族もいらっしゃいます。

どちらにせよ、プロに任せるとより早く片付ける事ができます。

ご家族の誰かが亡くなると、その後には遺品整理をしなくてはいけません。

整理は残されたご家族でやろうと思えば出来ますが大きな一軒家だったり家具が多くあったりすると、かなりの重労働になります。

なので、買取業者や処分業者に頼むと良いと思います。

捨てる物だけでなく売れるものだって残っている可能性はあります。

プロがいるとそうした物の目利きをして貰えるので思わぬ収入がでた!といった事も0ではありません。

その利益で料金の支払いをした。

という方もいらっしゃいます。

祖父の荷物を一つ一つ家族で協力しながら片付けていたらバリバリ会社で働いていた頃の社員旅行で撮った写真が見つかり家族皆で若い祖父の思いでを共感しました。

元気なころの祖父はとても頑固な性格の人でしたがその写真ではとても良い笑顔だったので思いがけず皆が笑顔になりました。

それまでは遺品整理に良い印象はなかったのですがその写真に救われました。

整理をすると、こちらも故人との良い思い出を思い起こす事ができます。

祖母の箪笥の整理を始めたら昔よく着ていた着物が数点出てきました。

祖母が他界してからかなり年月が経つので処分するしか方法はない・・と思っていましたが知人が着物を売ったことがあるという店舗を教えてくれ電話をしてみました。

遺品整理の際に見つけた物。

という事を伝えると状態次第で買取可能かどうか判断します。

との事だったので鑑定をお願いしました。

大事にしていたものでしたから処分せずに済むかもしれないのでほっとしています。

個人情報が漏れやすい昨今。

記念だからとSNSに写真をアップされる方も多いですがそれによって場所が特定されたなど、怖い事も良く耳にします。

そんな思いをしないように、自分自身でしっかりする必要があります。

遺品整理をする際も同じような事が言えます。

亡くなった方とは言え、住所や名前が書かれた物が出てくるからです。

考えなしに処分すると後で痛い目を見る事だって考えられるのでシュレッダーにかけるなど、十分な対策をして下さい。

重要そうな書類や捨てていいか解らない物は弁護士に相談すると良いです。

祖母が残した家を訪れ生前愛用していた品々を片付けていると多々悲しい思いになる事があり、気が滅入りました。

遺品整理を始めるのは、四十九日以降なら悲しみも少ないと聞いたことがあるので実行してみたのは良いものの、まだ少し早かったようです。

しかしながら悪い事や悲しい事ばかりがあったのではなく箪笥の奥には私が小さかった頃の写真や今まで贈ったプレゼントなども出てきてずっと大事に取っておいてくれた事が解り祖母の愛情を再確認する良いきっかけにもなりました。

皆様の中に、どなたかの遺品整理をされたご経験をお持ちの方はいますでしょうか?故人が亡くなり、四十九日が終わったらやりだす方が多いようです。

うちは整理する必要なんてない。

といった事も耳にしますが、たいていの方は整理が必要になります。

もし、故人が賃貸に住んでいた場合は四十九日よりも前に整理を始めなければいけません。

片付けをする時は専門業者に頼むと楽です。

金額が気になるところだと思いますが、だいたい1ルーム数万円〜といった感じです。

家まるごと一軒となるともっとかかりますが処分するだけでなく、買取をしてくれる所もあります。

先週の事です。

休みの日に家族でテレビを見ていた時の事遺品整理の特集をしていた番組を発見しました。

昨今は、親族で整理をするのではなく処分専門のプロ集団に依頼する人達が一般的なようです。

中には、「亡くなった人の物に手を付けると祟りがありそうだから」と、怖い話をされる方もいらっしゃいました。

うちも祖父母は何年も前に亡くなっていて家の片づけは経験した事がありますが祟りなんて一度も思った事はありません。

逆に、祖父母の若い頃の写真などを見る事ができ、とても有意義な時間だと思います。

家を片付けよう!と思ったとき気合をいれないと難しいですよね。

それが遺品整理ともなると、猶更やる気が必要になってきます。

家をまるまる片付けなくてはいけないからです。

整理をする際のコツは焦って色んな所に手を付けるのではなく今日は寝室、次はリビングといった感じでやる部分をきちんと決めて動くのが良いと言われています。

確かに、どこもかしこも・・となるとパニックですよね。

賃貸であっても、同じようにして片付けると良いでしょう。

ご家族の誰かが亡くなった場合残された身内の方々には遺品整理が待っています。

これは誰もがやるべきことで、四十九日過ぎが好ましいようです。

家族だけで時間をかけてやることも可能ですが一軒家だった場合は非常に時間がかかり、大変です。

その場合は、遺品整理のプロに任せるのがおすすめです。

素人目で見たら解らないようなものでもプロが目利きすると意外なお宝だったりして意外と高額な値段が付いた。

といったケースもあるようです。

支払いに充てる事もできるので、おすすめです。

生前愛用していた物を片付けている時どこかの神社のお札やお守りなどが出てくることもあるかと思います。

そういった物は、ごみにサッとすてる・・という事はしずらいものだと思います。

その様な場合、遺品整理の業者に頼むと良いと思います。

そういったゴミを供養・お炊き上げをしてくれる所が多いです。

ちなみに、リサイクル可能な家電や家具に関しては処分ではなく、買取をしてくれる場合もあります。

相談は無料で出来ますので是非電話をしてみてください。

祖父の遺品整理をしていた時の事沢山の思い出の品と共に契約書が見つかりました。

祖父は仕事が大好きな人だったのでいくつかの事業に関わっていました。

内容を見ましたが、さっぱりわからず弁護士さんに相談し、手続きはどうすれば良いのか相談しました。

まず、その契約書が有効かどうか調べて頂き有効だと判断された物は法的な手続きをしてもらいました。

両親と私だけではうろたえるだけだったのでやはりプロに任せて正解だと思いました。

遺品整理をご経験された方、いらっしゃいますか?今、家族の間でも故人が亡くなると業者に頼む方が多いようです。

そう言われてみると、確かに全部の荷物を片付けるのはかなり大変な事です。

その上、もし故人が何か店舗を持っていたり、事業を行っていた場合は産業廃棄物も出るでしょう。

許可を取らないと処分できないゴミなので専門業者に依頼した方が家族の負担も減らせます。

けれども、捨てられては困るものは家族で仕訳をして取っておいてください。

携帯電話は今や1台〜2台持っているのが当たり前の時代ですよね。

友達や家族と常に連絡が取りあえるのは安心です。

しかしながら、遺品整理をしている時に出てきた場合どう対応すれば良いのか困りますよね。

まずは、解約されているかどうか、調べると良いでしょう。

電話会社に問い合わせればOKです。

手続きが終われば、本体は中古品リサイクルとして売る事ができます。

買取店舗に依頼をしましょう。

買取は必要ない。

といった場合は処分する事も可能です。

人の魂は四十九日を過ぎてようやく天に上ると昔から言われてますよね。

残されたご家族にとっても切り替え時ではないでしょうか。

そのころから始めるが良いとされているのが遺品整理です。

故人の物を片付けるのは何となく悲しい気持ちもありますがその中にでも良い思い出の品は沢山あると思いますのでご家族にとっても大切な時間だと思います。

気が重い・・という事もあるかと思いますが家族みんなの大切な思い出を振り返る機会と考えると楽しい事や大変だったことなどの記憶がよみがえり、良い思い出話になるのではないでしょうか。

整理品の中に故人の若かりし頃のアルバムを見つけ、新たな発見をした。

という方もいらっしゃいます。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 遺品整理で買取してもらうコツとは? All Rights Reserved.