遺品整理で買取してもらうコツとは?

遺品整理業者選びで失敗しないコツをお伝えします。
マカロン
ナポレオン
HOME => 故人が愛用していたものを処分するのは辛い

故人が愛用していたものを処分するのは辛い

故人が愛用していたものを処分するのは辛い事ですが、残された者たちの大事な役目ではないでしょうか。

ずっとそのままという訳にもなかなかいかずもし、不動産を処分する事になった場合、猶更です。遺品整理は親族だけで出来なくはないですが専門業者に任せると、より手っ取り早いです。
依頼した場合、料金はいくらくらいになるのか?心配な事も多いと思いますが、調べてみた所多くの場合、数万円〜数十万という事が多いようです。



決して安い値段ではないので、業者選びは慎重にしたいですね。遺品整理をご経験された方、いらっしゃいますか?ご家族の誰かが亡くなった場合、業者に依頼をする方達が増えているようです。
言われてみると、故人の物をすべて片付けるのは家族とはいえ、かなり大変な作業ですよね。また、故人がもし事業をしていた場合は一般ごみのみならず、産業廃棄物の処理もあります。許可を取らないと処分できないゴミなのでやはり業者に頼むのが一番スムーズになるそうですね。


が、アルバムや思い出の品など取っておきたいものがあれば遺族側で整理をして他で取っておくようにしてください。遺品整理は、亡くなったご家族の所有物を処分する事です。
この事は、残された家族の義務とも言えます。整理をしなければ、心の整理もできませんし家を売る事を考えた時、そのまま放置するわけにはいきません。


身内だけで整理する事もできますが業者に買取を依頼をすると簡単です。

所有物の中には高額な値段が付く物もある可能性もあります。
買取品の合計は遺族の物になるのでその値段で整理が出来たという方もいらっしゃるほどです。



一般的に「魂が成仏される」と言われる四十九日残されたご家族にとっても切り替え時ではないでしょうか。


それを過ぎた頃に始めるのが適切とされているのが遺品整理です。



片付ける行為はなんとなく寂しい物ではありますがその中にでも良い思い出の品は沢山あると思いますのでご家族にとっても大切な時間だと思います。ワクワクしながらやる事ではありませんが残されたご家族と故人の思い出巡りと考えると少し落ち着いて出来るのではないでしょうか整理をしていくうちにアルバムが見つかり、思い出が走馬灯に様に蘇る事もあるでしょう。故人が亡くなった場合、残されたご家族は遺品整理をしなくてはいけません。ですが、悲しみに暮れる中、そんなすぐにはできない物だと思います。

では、どのぐらいから始めるのが適切なのか?調べましたところ、魂が成仏すると言われる四十九日過ぎが好ましいようです。



しかし、あくまでもこれは持ち家だった場合です。

もし、故人宅が賃貸の場合大家さんや次の入居者の方の事もあるので、早める必要があります。トランクルームを一時的に借りるなど一時的な置き場所を作るご家族も多いようです。どちらにせよ、プロに任せるとより早く片付ける事ができます。模様替えをしょうと思って部屋を片付ける時かなり大がかりな作業になりますよね。

それが遺品整理だったら家の片付けよりもより大変です。大きな家具・電化製品の処分方法に悩む事もあるでしょう。そのような時は、買取もしてくれる業者に依頼をされてください。



全部の家具を買い取ってもらえる訳ではありませんが使えそうなものや綺麗な物は対象になります。
それ以外の物は処分をしてくれるので二度手間になる事はほとんどありません。
大切なパートナーが亡くなった時家族は深い悲しみに包まれますよね。
が、残された家族には、故人の遺品整理をしなくてはいけない。
という使命が残っています。これは、誰でも通る道です。
身内だけで整理する事もできなくはないですが家まるごと1軒ともなるとかなり大変です。

そんな時は、買取専門店などに任せてみましょう。



遺品の整理を手伝ってくれたり、買い取ったりしてくれるので残された方々のお手伝いをしてくれます。早期対応や24h対応もしてくれます。


祖母が残した家を訪れ日常に使っていたものや洋服などを片付けていると悲しい感情が再発することがしばしばありました。悲しみが癒える四十九日以降に遺品整理をするのが良い。
と聞いたのを思い出しその通りにしましたがやはりまだ気持ちの整理は出来ていないようです。


けれども、悲しい思いだけでなく整理を進めていくと私が小さい頃の写真や祖母の誕生日にプレゼントしたものなども出てきてずっと大事にしてくれていた事を知り祖母の愛情を再確認する良いきっかけにもなりました。祖母の箪笥の整理を始めたら良く着ていた着物が出てきました。



祖母が他界してからかなり年月が経つので処分するしか方法はない・・と思っていましたが友人が着物買取の店舗があると教えてくれネットから問い合わせをしてみました。


遺品整理で見つけた着物ですが・・と伝えた所状況は関係なく、状態が良ければ買取OKとの返事だったので鑑定をしてもらえる事になりました。


大切に着ていたものですからあまり処分という事はしたくなかったので嬉しかったです。



家族そろって祖母の家を訪ねました。四十九日が過ぎたので、遺品整理の時期が来たからです。

始めはあまり乗り気ではありませんでした。


愛用していた品々を捨てるのは気が重かったからです。ですが、片付けを進めていくうちに母の赤ちゃん時代や子供時代の写真を見つけ今まで見たことがない母親の写真だったのでつい見入ってしまいました。

母も、自分の幼少期の写真を懐かしそうに眺めていました。

そこから思い出話が始まり、整理するのに時間がかかってしまいましたが貴重な時間だと思い、祖母に改めて感謝しました。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 遺品整理で買取してもらうコツとは? All Rights Reserved.