遺品整理で買取してもらうコツとは?

遺品整理業者選びで失敗しないコツをお伝えします。
マカロン
ナポレオン
HOME => 生前、故人が愛用していた物で財産価値がある

生前、故人が愛用していた物で財産価値がある

生前、故人が愛用していた物で財産価値がある物は遺品整理の最中、親族が話し合うべき話題です。一般的には家と土地に関してですが、車も含まれるケースがあります。

ですけれども、車は財産として分配するよりも、買取業者に依頼をするご家族がほとんどの様です。
相続する場合は、書類などの手続きが大変になりますが買取だと面倒ではありません。

買取で決まった額は遺族側の物になるので一人ひとりに分け隔てなく分配する事も出来ますが整理する時に色々と費用が掛かりますので、それに充てればもめごとなく片付けられそうですね。祖母の家に、親戚が集まり先の事について話合う事がありました。祖母が亡くなり四十九日も過ぎたので家や土地の権利、遺品整理についてそれぞれの意見を聞くためです。
久しぶりの親戚一同の集まりでしたが話合いの話題がそれだったので楽しい雰囲気。



とはいきませんでした。さらに、テレビなどでは遺産相続のトラブルも良く見ていたので心配ではありましたが、今回はその様な事はなく皆が納得した話し合いになったので良かったです。祖父の荷物を片付けていたら会社務めしていたサラリーマン時代の頃の同僚の方と写っている写真が何枚か見つかり祖父の意外な顔を発見しました。祖父は普段あまり笑顔を見せないような性格の人でしたが写真の顔は非常に笑顔だったので思わずこちらもつられてしまいました。今まで遺品整理は気が乗らなかったのですが写真の祖父の笑顔に救われた気がします。



整理する事により、家族の絆も深まります。他の物は良いけど、これは捨てられない!という大切にしている物はありますか?私の場合で言うと、愛犬の写真などでしょうか。
が、私がこの世から去った場合残された家族は遺品整理の義務があります。大事にとっておいたものを捨てられてしまうのは残念ですが、仕方ない思いもあります。


ですが、もし他の人に使ってもらえる機会があればうれしいですよね。そんな願いを叶えてくれるのが買取業者です。


もしものことがあった時は、依頼するようにお願いしておくと安心です。



自分の部屋を片付けようと思った時気合を入れて頑張ろうとしますよね。



もしそれが遺品整理だった場合、もっとやる気が必要です。部屋1部屋だけで良い。



という訳ではなく、家丸ごと一軒・・といった風になるからです。整理をする際のコツは色んな所に手を付けようとせず今日はここ。明日はここ。

といった様に片付ける場所を決めてからやり出すと効率が良いです。

考えてみれば、あれこれ手を付けると結局時間ばかりかかる事が多いのでアパートでも同じ事が言えるので是非実践されてください。

家族が亡くなると遺族の方は遺品整理がまっていますよね。これを始める時期は、魂が成仏する四十九日過ぎが良いと言われています。
けれども、これは一軒家だった場合のみ通じる事で万が一、賃貸住まいの場合は、少し時期を速めます。ご家族だけでも整理は出来なくはないですが専門業者に依頼するとより早く済みます。



ワンルームぐらいでしたら、数万円程度で依頼できます。

それ以外にも荷物があるならトランクルームを一時的に借りてそこに置く方法もあります。

遺品整理のご経験がある方は多いと思います。



これは、四十九日を過ぎたあたりから始めるが良いとされています。うちにはそんな整理するほどの物はないというご家族もいらっしゃるかもしれませんが、これは誰でも必要になる事です。


万が一、生前賃貸にお住まいだった場合もっと早く整理を始めないといけません。その時、専門業者に依頼するとスムーズです。

金額は、1ルームのお部屋で数万円程度からになるところがほとんどです。



これが持ち家ともなると数十万単位になりますが処分するだけでなく、買取をしてくれる所もあります。祖父の家に行き、家族で遺品整理をしていた時の話です。

思い出の品と共に、サインが入った契約書見つかったのです。


祖父は仕事熱心な人でしたので事業もいくつかやっていたようです。
内容を良く読んでも、私や両親では良く解らず弁護士の先生に間に入ってもらう事にしました。内容を読んでもらい、有効な契約書なのかを調べてもらい有効だと判断された物は法的な手続きをしてもらいました。私と両親では全く何もできなかったのでプロに任せて安心でした。


ご家族の誰かがその生涯を終えた時残された方々には故人の遺品整理が残っています。

誰もが経験しなければいけない事で、四十九日過ぎからが良いようです。身内だけでも整理できなくはないですが故人宅が一軒家だったりする場合は荷物も多いので大変です。



そんな時は、処分業者や買取業者を頼むとよりスムーズです。ご家族から見たらゴミ同然のような物でも専門の方達から見ればお宝だったりして意外な収入になった。というケースもあるようです。

支払のカバーもできるので良いですね。

パートナーが亡くなって、四十九日を過ぎた頃残されたご遺族の方々には遺品整理が待っています。

まだまだ悲しい中でそれどころではない・・という気持ちもあるかと思いますがずっとそのままという訳にもいきません。それが賃貸であればなおさらです。
ご家族だけでも整理は可能ですが専門業者に頼むとよりスムーズです。


時間短縮だけでなく、思わぬお宝が出てくるかもしれません。

処分業者や買取業者は沢山あるので、評判が良い所を選びたいと思ったら口コミサイト・ランキングサイトがあるので参考にされてください。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 遺品整理で買取してもらうコツとは? All Rights Reserved.