遺品整理で買取してもらうコツとは?

遺品整理業者選びで失敗しないコツをお伝えします。
マカロン
ナポレオン
HOME => 母方の祖母の家にこの前行きました。 四十

母方の祖母の家にこの前行きました。 四十

母方の祖母の家にこの前行きました。
四十九日が過ぎ、落ち着いてきたので遺品整理を始める為です。最初は、あまり気が乗りませんでした。やっぱり、祖母が使っていたものを処分するのは勇気が必要だったからです。ですが、片付けを進めていくうちに私の母の子供の頃の写真が見つかり私が見たことがない母の姿だったのでとても感動しました。母も驚きながら嬉しそうに見ていました。そこから思い出話が始まり、整理するのに時間がかかってしまいましたがこういう時間が持てる事もあるんだな。


と感動しました。生前の品々を片している時神社のお守りやお札などが出てきたこと、ありませんか?そういった物は、ごみにサッとすてる・・という事はしずらいものだと思います。捨てずらいゴミがある時は、遺品整理の専門業者が役立ちます。

亡くなった方の一般ごみを処分するだけでなく供養やお炊き上げも引き受けてくれる所があります。
ちなみに、リサイクル可能な家電や家具に関しては買いとってくれる事もあります。相談は無料でしてくれる所が多いので気になる場合はコンタクトを取ってみて下さい。



仏教の世界では、四十九日を過ぎると魂が天にあげられると言われています。

ご遺族の方々もようやく法事の行事から解放され始める時期だと思います。そのころから始めるが良いとされているのが遺品整理です。片付ける行為はなんとなく寂しい物ではありますが思い出の品々もあるのでご家族にとっても大切な時間だと思います。

片づけをするのは時間がかかる事だと思いますが家族みんなの大切な思い出を振り返る機会と考えると楽しい事や大変だったことなどの記憶がよみがえり、良い思い出話になるのではないでしょうか。整理をしていくうちにアルバムが見つかり、思い出が走馬灯に様に蘇る事もあるでしょう。パートナーが亡くなって、四十九日を過ぎた頃残された人達に待っているのが遺品整理です。



まだまだ悲しい中でそれどころではない・・という気持ちもあるかと思いますがずっとそのままにしておく。という訳にもいかないと思います。万が一、賃貸住宅にお住まいだった場合は、そうも言っていられません。ご家族だけでも整理は可能ですが専門の業者に依頼すると、より早く片付きます。


時間も短縮できますし、故人の遺品を買い取ってもらえるかもしれません。沢山業者があるので、評判が良い所がいいと思ったら口コミサイトがおすすめです。大切な家族が亡くなった時残されたお身内には、故人の遺品整理をする。

という事が待っています。誰もが経験しなければいけない事で、四十九日過ぎからが良いようです。家族のみで出来なくもないですが亡くなった方のご自宅が一軒家だったした場合はとても大変です。
そんな時は、処分業者や買取業者に依頼すると良いでしょう。素人目で見たら解らないようなものでもプロから見れば希少なお宝!といった事もあったりして意外と高額な値段が付いた。



といったケースもあるようです。支払のカバーもできるので良いですね。
皆様の中に、どなたかの遺品整理をされたご経験をお持ちの方はいますでしょうか?四十九日過ぎから始める人がほとんどみたいですね。
整理なんて大げさにするほど物はない。
との話も聞きますが、暮らしている以上その可能性は低いでしょう。もし、故人が賃貸に住んでいた場合は次の入居者の事もあるので四十九日前にする必要があります。自分達では無理と思ったら、専門業者に頼むと良いでしょう。
金額を気にする方もいらっしゃると思いますが、だいたい数万円〜と思っておいてください。一軒家になると、倍になる事もありますが使えそうな家具・家電があったら買取依頼をする事も可能です。

私の家族と他の親族が祖母の家に集合し今後の計画を話し合う機会がありました。

祖母の四十九日も過ぎたので権利や遺品整理の事を本格的にしなければいけなかったからです。
親戚一同の集まりは久しぶりでしたが話し合いがかなりシビアな内容だったので少しシビアな雰囲気でした。

遺産相続というと、トラブルという言葉が頭に思い浮かんだので心配ではありましたが、今回はその様な事はなく淡々と冷静に皆で話し合い、納得できたので良かったです。
遺品整理は、亡くなったご家族の所有物を処分する事です。



この事は、残された家族の義務とも言えます。

整理をしないと、いつまでも時が止まったままになりますし故人の自宅を売却する。
となった場合は猶更の事です。

身内だけで整理する事もできますが遺品買取をしてくれる所に任せると楽になります。故人所有物の中には、思わぬ高額商品があるかもしれません。

買取ったものの合計額は遺族に支払われるのでその合計額で料金を支払えたというご家族も多くいらっしゃるようです。



のんびりリビングでテレビを見ていたら遺品整理の特集をしていた番組を発見しました。



今は家族でやるのではなく業者に任せる方も多いようです。頼む理由の中には「勝手に処分すると祟られそうだから」といった様な、怖い話にされる人もいました。私の祖父母もすでに天にめされていて片付けをする事は何度が経験済みですが身内で祟りなんて思った事もありませんでしたので少し驚きました。
むしろ、最初は乗り気ではありませんでしたが、やってみると良い思い出が沢山蘇り、貴重な経験だったと思います。最近、遺品整理が話題になっていますよね。家族だけで片付けをするのではなく、最近は業者に依頼する方達も増えているそうです。


考えてみると、生活道具すべて片付けるのはいくら家族でもとても大変ですよね。

また、故人が店を経営していたりした場合は一般ごみのみならず、産業廃棄物の処理もあります。これは、きちんと許可が必要なゴミなので業者を通した方が楽になりそうですね。
アルバムや思い出の品など、捨てられては困る物は家族で整理をしてください。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 遺品整理で買取してもらうコツとは? All Rights Reserved.