遺品整理で買取してもらうコツとは?

遺品整理業者選びで失敗しないコツをお伝えします。
マカロン
ナポレオン
HOME => 私の家族と他の親族が祖母の家に集合し今後の計画を話

私の家族と他の親族が祖母の家に集合し今後の計画を話

私の家族と他の親族が祖母の家に集合し今後の計画を話し合う機会がありました。


祖母が亡くなり、四十九日も無事に過ぎたのでこの家の権利の話や遺品整理はどうするか?について話合をする為でした。久しぶりの親戚一同の集まりでしたが話合わなければいけないのがそういった内容だったので少しシビアな雰囲気でした。

さらに、テレビなどでは遺産相続のトラブルも良く見ていたのでとても心配していましたが、その様な事はなく冷静に話し合いができ、一安心です。祖母の箪笥の整理を始めたら着物が数点見つかりました。祖母が他界してからかなり年月が経つので捨ててしまうしかないのかと思っていましたが友人が着物買取の店舗があると教えてくれすぐに問い合わせてみました。

遺品整理の際に見つけた物。
という事を伝えると亡くなった方の物でも綺麗な物なら買取ます。



との事でしたので鑑定依頼をしました。
昔から着ていたものだったので捨てるのは忍びなかったから嬉しかったです。


残された祖母の家を訪れ洋服や食器などを片付けていると多々悲しい思いになる事があり、気が滅入りました。


遺品整理を始めるのは、四十九日以降なら悲しみも少ないと聞いたことがあるので実行してみたのは良いものの、まだ少し早かったようです。しかしながら悪い事や悲しい事ばかりがあったのではなく整理品の中には私の成長記録が解る写真や祖母にプレゼントした数々の品物も目にする事ができ今まで大切に取っておいてくれた事を知り祖母が今までどんなに皆を大事に思っていたか。良く理解出来たきっかけになりました。ネットを何気なく見ていると企業の広告などを良く目にしますよね。



この間は、遺品整理会社の物が目につきました。


とくに気にする事はしませんでしたが、実際に親戚が亡くなったので急に現実的な物になり、色々と考えました。


実際は、頼る事なく親戚だけでやりましたがかなり大変だったのは事実です。業者に頼んでいたら、もっとスムーズだったと思います。故人の遺品片付けは誰でも経験する事だと思うので次回からは、きちんと計画を立ててやった方が良いな。



と思いました。



部屋の模様替えや引越しをする時に家具を片付ける時かなり大がかりな作業になりますよね。



それが遺品整理だったら家の片付けよりもより大変です。大きな家具・電化製品の処分方法に悩む事もあるでしょう。
その時は、買取可能な業者を選ぶと良いです。
家具全部を買取する訳ではありませんが高価な物・綺麗な物でしたら買取可能でしょう。


それ以外の物は処分をしてくれるので二度手間になる事はほとんどありません。
個人情報の漏洩が騒がれている世間。


特にSNSなどに載せた写真から今自分がいる場所が解ってしまう。



といった怖い話も聞きます。



この様に、便利な世の中だからこそ自分の情報はしっかりと守る必要があります。


これは遺品整理でも同じ事が言えます。なんせ、故人の住所や名前が書かれた書類が沢山出てくるからです。



それらの物も個人情報流出になりかねないのでシュレッダーなどを活用し、確実に処分しましょう。契約書や権利書などの場合は弁護士に相談をしてから処分をするようにしてください。

天に召された方の所有物を処分する事は遺族にとってはつらいですが大事な役割です。


いつまでもそのままという訳にもいかず家を処分する事になった場合は、猶更やらなくてはいけない事だと思います。
遺品整理は身内のみで出来ない事ではありませんが出来るだけ専門業者に任せた方が良いでしょう。



頼んだ場合、料金はいくらくらいになるのか?ちょっと不安になったりもすると思いますので、調査してみた所だいたい、数万円〜数十万掛かるようです決して安くはないので、信頼できる業者を選びたいですね。最近、遺品整理が話題になっていますよね。

ご家族の誰かが亡くなった場合、業者に依頼をする方達が増えているようです。

考えてみると、生活道具すべて片付けるのはかなり大変な事です。その上、もし故人が何か店舗を持っていたり、事業を行っていた場合は一般ごみだけで済まず、産業廃棄物も出ます。



これは、きちんと許可が必要なゴミなのでやはり業者に処分してもらうのが一番早いかもしれません。が、アルバムや思い出の品など取っておきたいものがあれば家族で仕訳をして取っておいてください。魂がこの世にいるのは四十九日まで。

それを過ぎると天国に行くとされています。

ご遺族の方々もようやく法事の行事から解放され始める時期だと思います。後は遺品整理が待っています。整理は何か悪い事をしている気もしないですが思い出の品々もあるので残されたご家族にとっては慰めにもなりますよね。

片づけをするのは時間がかかる事だと思いますが亡くなった方と残されたご家族の結びつきと考えると楽しい事や大変だったことなどの記憶がよみがえり、良い思い出話になるのではないでしょうか。


整理をしていくうちにアルバムが見つかり、思い出が走馬灯に様に蘇る事もあるでしょう。


大切なパートナーが亡くなった時家族は非常に悲しみにくれるでしょう。
けれども、残された家族には遺品整理という大事な義務が残っています。
この事は、どんな人も経験する事でしょう。遺族だけでやれなくもないですが大きな家具があったりすると大変です。

そんな時は、買取専門店などに任せてみましょう。
遺品を鑑定してくれたり、処分したりしてくれるので残された方々のお手伝いをしてくれます。


早期対応もしてくれるので、急いでいる時でも安心です。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 遺品整理で買取してもらうコツとは? All Rights Reserved.